マグネットローラー

多数のマグネットローラーで切り屑搬送とフィルター効果を兼ね備えたチップコンベヤ

 

  • タンク清掃回数が少なくなります
  • クーラント液の交換頻度が少なくなります
  • ワーク不良が減少します
  • 工具・砥石寿命が延びます
  • カール状の長い切り屑からヘドロ状の微小切り屑まで、同時にろ過・搬送できます
  • 高磁力マグネット仕様タイプは更にろ過効率を高くすることができます

img_pdf

 

 

デュアルマグネットスクレーパータイプ

2系統のマグネットを使用したコンビネーションタイプのクーラントタンク付チップコンベヤ

 

  • クリーン槽へ流出する切り屑をマグネットローラーコンベヤでコンベヤ槽へ戻す構造
  • タンク清掃回数が少なくなります
  • クーラント液の交換頻度が少なくなります
  • ワーク不良が減少します
  • マグネットローラーコンベヤはボルトオン式なので取り外しメンテナンスが可能です

img_pdf

 

 

スラッジコンベヤ付タンク img_tokkyo

タンク底に堆積するスラッジを効率よく回収

 

  • タンク底に堆積したスラッジの排除に往復移動するスクレーパーコンベヤを使用します。
    通常のスクレーパーコンベヤを使用するとタンク有効容量が少なくなりすぎるため、リミットスイッチによる電気制御を用いて往復移動を行い、タンク上面を掻き板が通らない機構としています。
  • コンベヤ駆動用モーターは円形渦流型切削液タンクの撹拌用クーラントポンプと比較して1/10程度の動力で良く、また堆積するスラッジの量によりコンベヤ移動スピードとサイクルを最適に調整できれば電気使用料は限りなく低く抑えることが可能です。
    またこのことにより切削液の液温に影響を与えることもほとんどありません。
  • タンク形状は一般的な角型に近いものとなりデッドスペースは最小となります。

img_pdf

 

 

マックタワーフィルター

バッグフィルター

 

  • 今まで難しかった微細・軽量切り屑の除去を実現
  • 伸縮性フィルターなので最小圧力で処理流量を確保
    ・フィルター供給ポンプのモーター容量最小
    ・クーラント液の発熱最小
  • サイクロンフィルターでは取れない比重差が小さな異物除去が可能
  • ドラムフィルターの2次ろ過に最適
  • 小型、省スペース、施工が簡単

img_pdf

 

 

サクションタワークリーナー

可搬型クーラントタンク清掃機

 

  • 手押し台車式のため1台で複数台のタンク清掃が可能
  • エアー源さえあれば簡単にタンク清掃が可能
    (エアー式ダイヤフラムポンプ使用)
  • 廃液(腐敗)低減
  • マックタワーフィルター用伸縮性フィルター使用なのでろ過精度10μm(公称ろ過精度)
  • 最大切り屑捕捉量 15L
  • 最大処理流量 40〜50L/min(水溶性クーラント液)
  • 微細・軽量切り屑、研磨粕、砥粒も捕獲
  • フィルター内に溜まった切り屑およびスラッジから水分を取除く脱水機能も搭載(手動切り換え)

img_pdf

 

 

ページのトップへ戻る

〒924-0004 石川県白山市旭丘4丁目10番地